シャツジャケットへ変身

ハロウィンイベントで秋を知るような日々を送っています。
外は暑いですね。
朝夕は涼しくなってきたので体調を崩されないようにお気を付けて過ごされて下さいね。

最近シャツのリフォームがちらほら目立つ様になってきました。
ほつれやかぎ裂きなんかの修繕ではなく
「シャツジャケットにすることはできますか?」というものです。

「シャツジャケット」はいわゆる羽織ものとして着るシャツのこと。
普通に見慣れているものだと思うのですが
こういったリフォームを依頼される方が求めているのは
テーラードジャケットのようなカッチリした感じの「シャツジャケット」なんです。

シャツの生地でジャケットを作る事によって
カジュアルにもフォーマルにもTPOを選ばず作る事が着用できるんですね。
さらにフランネルシャツやリネンシャツなどを使って暖かみがあるシャツジャケットを仕立てると
これからの季節にも対応出来るというわけです。

橫浜で流行っているんでしょうか。
20代〜30代の男性がめずらしく依頼にいらっしゃいます。
依頼内容もおもしろいことにそれぞれです。
「テーラードジャケットみたいな感じでかっこよくしてほしい」
とふわっと希望を伝えられる方もいれば
前身頃のデザインからボタンホール、裏地からポケットフラップ、はてはネームの刺繍まで
こと細かにオーダーされます。
オーダーメイドの紳士服のお店の店員さんになった気分ですね。

そんなオーダーも増えていますが
やっぱり今の時期はハロウィンの衣装のためのリフォームが多いです。
みなさん秋を楽しんでらっしゃいますね。